台所収納棚に収まらない食品をキッチンストッカーで整理する方法

気づくとストックが増えていて食器棚やパントリーがいっぱいになっていませんか?

そんな時に活躍するキッチンストッカーを紹介します。

キッチンストッカーの選び方のポイント

「キッチンが狭いから…」といって小さめのストッカーを選ぶと痛い目に。

容量が少ないと中に何が入っているのか分かりにくく、食材を無駄にしてしまうことも増えます。また大きすぎるストッカーはキッチンを狭くして使い勝手が悪くなることも。

キッチンストッカーを選ぶポイントは2つ!

  • 収納力
  • 耐荷重

やっぱり収納力が一番気になりますよね。

この時に「外寸」でサイズを見ても、収納力に直結はせず本体の大きさだけ。だから、実際に物を入れる大きさが分かる「内寸」が重要です!

2つ目の耐荷重は、物を収納するのでどれくらい耐えれるかは大事です。そして、物を収納できても、棚や床が歪んだり、傾くことが発生しないよう、必ず耐荷重に注意しましょう。

 

おすすめのキッチンストッカー10選

使い勝手の良い人気のキッチンストッカーを紹介します。

1:圧倒的な収納力がある「ワゴン」


ドウシシャ ルミナス フィールシリーズ

耐荷重80kgの頑丈なワゴン。

だから、食品のストックがたっぷり収納できます。

棚板は2.5㎝ピッチで高さ調節可能。引き出しやすいハンドル&キャスターも付いているので、キッチンの隙間にも◎。

キッチン以外でも大活躍するアイテムですよ。

2:隙間にピッタリ入る「ワゴン」


不動技研 スマートワゴンFit

「冷蔵庫の横が少しだけ隙間がある」という時に活躍するアイテム。

幅が12.5㎝なので、意外に無理かもという隙間も難なくすっぽりハマります

調味料や缶詰など調理で使用するモノを置くと便利に使えますよ。

3:シンプルデザイン「ストッカー」


JEJ スリムストッカー

スッキリしたデザインなので、どんなキッチンにも合わせやすいストッカーです。

幅は18㎝、高さはシステムキッチンの高さと同じ85㎝。

引き出しが半透明なので、何が入っているのか分かりやすい。そして、一面壁構造なので、掃除もしやすいですよ。

4: 重宝する「ワゴン」


サンコープラスチック  テーブルワゴン4段

バケットが深めのワゴン。

写真では水や缶詰を収納していますが、メッシュなのでじゃがいもや玉ねぎなどの野菜を入れても◯

キャスターも付きなので、調理中は天板を利用すれば効率的に!

5:いろんなサイズがある「ワゴン」


アイリスオーヤマ メタルラック 4段

耐荷重40kgのワゴン。

先程紹介したドウシシャのルミナスと同類商品です。

こちらの商品の魅力は、安さ。ルミナスの半値で購入可能できるのでお得ですよ。

6:ジャンル別に収納できる「チェスト」


アイリスオーヤマ キッチンチェスト

引き出しの高さがあるのが一段だけという商品が多い中、全ての引き出しの高さが19㎝

レトルト食品や500mlのペットボトルも立てて収納できるアイテムです。

だから、食品のジャンルによって収納も可能に。半透明なので中のモノが分かるのも管理しやすく人気です。

7:調味料入れにおすすめ「ストッカー」


パール金属 日本製 キッチンストッカー

キッチン下などの棚で、調味料をまとめて出来るストッカーです。

上段はスライドも出来るので、奥のモノも取り出しやすい構造。ただ、このストッカーの下にすべり止めを敷かないと動いてしまうことも。

8:ちょっと大きめ「ストッカー」


EJ EMING(エミング) 深型ストッカー5段

隙間30㎝ほどにすっぽり収まるストッカーです。

半透明なので中身がひと目で分かるのも便利。そしてキャスターもあるので、掃除の時にも◯。5段あるので、入り切らなかった食品もたっぷり収納できるはず!

9:微妙な隙間に入る!「ワゴン」


ぼん家具 すき間収納ワゴン

幅が10〜20㎝から2㎝ずつサイズ展開しているワゴン

「14㎝の幅に入れたい」という時に、ジャストサイズが購入できます。

取っ手とキャスターも付き。調味料などを中心に収納するのに活躍しますよ。

10:食器も収納できる!「ストッカー」


天馬 ファビエ キッチンストッカー

食材だけでなく、お皿も収納できます。単身赴任や一人暮らしを始める人におすすめです。

組み立ての時に扉を「右開き」か「左開き」にするか選べるのも◎。狭いキッチンで活躍しますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

サブコンテンツ